健康で、美しい目を維持する・・・・
そのために、出来ること・・・・

ひとみ眼科は、
一般的な眼科疾患から白内障の日帰り手術、眼瞼下垂手術
緑内障、糖尿病疾患 お子様の目の疾患 各種手術等に対応しております。

ひとみ眼科は、
令和2年4月8日(水)に
弥富市・愛西市・津島市地区に新規開院いたしました。

人の情報入力の80%が視覚情報によるものと言われております。
つまり、視覚の質が悪くなれば、比例して、生活の質が落ちてしまいます。
ひとみ眼科では、緑内障、糖尿病網膜症、白内障、加齢性黄斑変性、眼瞼下垂症などを中心に様々な疾患を持つ患者様に
可能な限り快適な視覚を確保するためのお手伝いをさせて頂きたいと思っております。
ひとみ眼科は、弥富市と津島市から通いやすい愛西市に位置しており、名古屋駅から車で30分ですので、ご来院をお待ちしております。

ひとみ眼科の特徴として、複数の眼科医が診療を担当しております。
具体的には、日帰り白内障手術、眼瞼下垂症手術を得意としている専門の医師が在籍しており、それぞれ担当しております。

特に、眼瞼下垂症を担当する高田尚忠医師は、すでに静岡県浜松市で高田眼科を開業しております。
高田医師の眼瞼下垂手術の技術が評判を呼び、その手術を受けるため、県外から多くの患者様が受診されている眼瞼下垂症手術の第一人者です。
浜松まで行かなくてもひとみ眼科で、その高田医師の眼瞼下垂の診察と眼瞼下垂手術が受けられます。

また、日帰り白内障手術は、最新の白内障手術機械を導入しており、安全・安心の結果が期待できます。
そして、白内障手術を担当する日吉敦寿医師は、これまで非常に多くの白内障手術症例数を誇る経験豊かなベテラン眼科医です。

さらには、隣接する糖尿病を専門とされる羽賀糖尿病内科との連携を行いつつ、糖尿病網膜症への光凝固手術(レーザー手術)や最新の治療である抗VEGF注射(硝子体注射)にも力を入れております。この分野を担当するのが、長年、名古屋市立大学眼科学講座で研究と研鑽を積んできた院長の臼井英晶医師です。

このように、ひとみ眼科では、異なる専門分野を持つ複数の眼科医によって運営されている眼科クリニックであることが特徴です。

その特徴を生かして、特に力を入れているのが、セカンドオピニオンです。
すでに、別の眼科を通われていても、中々、主治医の先生に質問できない、また、今現在の治療方針に疑問を持たれたりしているのであれば、お気軽にご相談下さい。

今、世間を騒がせている新型コロナウィルス対策にも、ひとみ眼科は細心の注意を払って診療しております。
呼び出しサービス(呼び出しベルを使って、駐車場でお待ちいただくこと)を始めていたり、入り口には赤外線体温計測装置、足踏み式手指消毒装置を完備しております。

愛西市、弥富市、津島市の皆様方が、安心して受診できる体制を整えておりますので、目の不調などがありましたら、気軽に受診してくだされば幸いです。

生涯良好な視力を維持するために、わたしたちが出来ること

ひとみ眼科で診療を担当する3人の医師について

各種専門手術

ひとみ眼科では、白内障手術や眼瞼下垂手術などの日帰り眼科手術が受けられます。
眼科領域は、一般的には狭い分野で、一人の医師で全ての領域がカバーできるように思われますが、
現実は「専門分野」に分かれております。一人の医師がが全ての領域で診療・手術を行うことは不可能です。
ひとみ眼科では、3人の眼科医がそれぞれが白内障・眼瞼下垂・緑内障・糖尿病等の網膜関連疾患を得意専門領域を持ち、診療を担当しております。
専門性を生かした医療サービスを提供できる強みがひとみ眼科にはあります。

  1. 白内障手術

    日吉敦寿副院長が担当し、力を入れている日帰り白内障手術について。

  2. 眼瞼手術

    当院では、年間800件以上、延べ15000件以上の実績の眼瞼下垂症手術のスペシャリストの高田医師が担当いたします。

  3. 網膜疾患

    臼井英晶院長の得意分野である網膜疾患に関しての治療について。

〒496-0911 愛知県愛西市西保町堤外新田3514−28

診療時間 /
午前 8:30 - 12:30 午後 14:30 - 18:00
8:30より受付開始 18:00まで初回受診患者様の受付可です。
土曜日は午前のみ 
休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

日/祝
午前8:30 〜12:30×
午後14:30〜18:00××

ACCESS

アクセス



ひとみ眼科では、様々な眼疾患に対応いたします。

以下のような症状・目のお悩みがあれば、お気軽にご相談ください

視力が低下したものが二重に見える
かすんで見える虫や黒いモノが視界に飛んでみえる(飛蚊症)
線がゆがんで見える目が乾燥する
まぶたがぴくぴく動く事がある勝手に瞼が閉じてしまう
ドライアイと診断されて点眼をしているが良くならないまぶしくて眼が開けられない
目をつむっているほうが楽歩いていて眼が開けられなくなり、人や物にぶつかった
目の周りや口元がぴくぴく動くまぶたが下がってきた
人間ドックで、『緑内障の疑い』『視神経乳頭陥凹』『視神経乳頭拡大』『視神経乳頭低形成の疑い』の指摘があった『眼圧が高い』『高眼圧』と言われたことがある
血縁に緑内障の患者がいる視野が欠けているような気がする
現在、ステロイドの投薬を受けている近視が強い
糖尿病、高血圧で内科を受診している他院で眼科の治療を受けているが、他の医師の意見も聞きたい

ひとみ眼科が取り扱う代表的な眼科疾患について

近視・遠視

乱視

結膜炎

角膜炎

結膜下出血

花粉症

霰粒腫

麦粒種

糖尿病網膜症

ドライアイ

白内障

緑内障

眼精疲労・VDT障害

眼瞼下垂症

網膜剥離

飛蚊症

眼瞼痙攣

網膜血管閉塞疾患(網膜静脈分枝閉塞症など)

加齢黄斑変性

黄斑円孔

弱視

コンタクトレンズの価格について

近視予防

ぶどう膜炎

解説ページへ

選択していただくと、解説ページが開きます。