ひとみ眼科で行っている白内障手術について

  白内障とは

白内障は、一般的に、加齢とともに水晶体(目の中にあるレンズの役割をする組織)が白く濁り、視力が低下する病気です。水晶体は、タンパク質でできており、変性することで濁りが発生します。個人差こそあるものの、加齢とともに誰にでも起こる自然な加齢性疾患です。一般に60歳代になると、多くの方の目に認められる病気です。
また、頻度は低いですが、年齢の若い方でも生まれつきの白内障(先天性白内障)を持ってる患者さんや、ケガが原因で生じる白内障(外傷性白内障)の患者様などもいます。

症状

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違ってくる

白内障になる原因

目の中の水晶体と呼ばれるレンズが、何らかの理由で濁ってしまうことで起こります。

白内障の種類原因
加齢性白内障加齢
全身疾患に合併する白内障アトピー性皮膚炎、糖尿病 など
先天性白内障風疹 など
外傷性白内障目のけが など
併発白内障ぶどう膜炎 など
その他放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の治療方法

手術治療(超音波吸入術+IOL置換術)と 薬剤治療(進行を遅らせる点眼、飲み薬としてはサプリメント)があります。
薬剤治療は、あくまでも白内障の進行を遅らせることが目的であり、根本的な治療方法としては手術治療が一般的です。

手術

濁った水晶体を手術で取り除き、人工レンズに取り換えることで、すっきりとした視界を確保します。最近では、多焦点眼内レンズという遠近対応のレンズも開発され実用化されております。

点眼治療

白内障の進行を遅らせる治療として、カリーユニ点眼液、カタリンK点眼液といった目薬の点眼を毎日行います。
水晶体を構成するタンパク質に、濁りの原因となる物質が付着することで、水晶体は濁ってしまうことから、白内障の点眼液は、それを妨げる作用があります。
実際に、目薬メーカーの添付文書には・・・

 カリーユニ点眼液:水晶体の水溶性蛋白にキノン体が結合するのを競合的に阻害し、水晶体蛋白の変性を防止することにより、水晶体が白く濁るのを抑えます…

 カタリンK点眼液:白内障の成因は水晶体の水溶性蛋白が、有核アミノ酸(トリプトファン、チロジン等)の代謝異常で生じるキノイド物質によって変性し不溶性化するためといわれているが、カタリンK点眼液はキノイド物質のこの作用を競合的に阻害して、水晶体の透明性を維持させることにより白内障の進行を抑制する…
と記載がされております。

サプリメント

参天製薬から、白内障の進行を遅らせるサプリメント:ウエルビジョンが発売されております。水晶体の混濁は、酸化反応によるものと考えられているので、抗酸化作用のあるポリフェノールで、その酸化反応を抑えることで白内障の進行を遅らせる可能性があると考えられております。

   実際の手術イメージ

白内障手術のイメージ動画。

手術治療の流れ

ステップ1 麻酔・消毒

点眼麻酔のみで行いますが、場合によって、注射の麻酔も用います。
麻酔後に消毒剤で眼の表面を十分に消毒洗浄します。

ステップ2 角膜切開

専用のメスを使って黒目と白目の境に切開創を作成します。切り傷の長さは2mm程度ととても小さいです

ステップ3 前嚢切開(CCC)

水晶体を包みこんでいる袋:嚢(のう)の前面部に丸い開口部を作成します。

ステップ4 水晶体の乳化吸引

小型の筒状の手術器具をstep1で作成した角膜切開創から挿入し、超音波で水晶体を小さく砕きながら吸引除去します。

ステップ5 眼内レンズ挿入

専用レンズ挿入器具(インジェクター)を用いて、水晶体嚢に眼内レンズを折りたたんだ状態で挿入します。眼内レンズは眼の中でゆっくりと開きます。

ステップ6 眼内(前房)洗浄

手術の際に眼内に使用した薬剤等を洗い流すために、専用のストロー状の細長い器具で眼内(前房)洗浄します。
傷口はほとんどの場合、自然に閉鎖するため、縫うことはありません。
(まれに、傷口の状態によっては溶ける糸を使って1針だけ傷を縫うことがあります。溶ける糸は2週間程度で溶けてなくなるため、抜糸は不要です。)

ステップ7 手術終了

眼の表面に抗生物質の軟膏を塗り、手術後の眼を守るためのプラスチックの眼帯を眼にあてて終了です。

▶︎▶︎ひとみ眼科で、白内障手術を希望されている方は、ブログ記事:ひとみ眼科で白内障手術を受けられる方へ をご覧ください。