白内障手術

後発白内障手術

ひとみ眼科の後発白内障手術について

白内障手術では、水晶体の入っていた袋「水晶体嚢」を残して、そこに眼内レンズを入れ替えて手術を行います。
白内障手術後、残っているこの水晶体嚢が、時間経過とともに白濁してくることがあります。
この、白内障手術後に生じる水晶体嚢の濁りが後発白内障です。
患者様の自覚症状としては、「白内障手術を受けて、一旦見やすくなったのに、また見づらくなってしまった」という訴えとなります。
後発白内障は手術後5年以内の発症率が約20%と言われています。

治療方法:レーザーの処置で簡単に濁った水晶体嚢を取り除くことができます。
     痛みもなく、5分間程度で終わり、そのまま御帰宅可能です。