一般的な眼疾患について:

近視・遠視

乱視

結膜炎

角膜炎

結膜下出血

花粉症

霰粒腫

麦粒種

糖尿病網膜症

ドライアイ

白内障

緑内障

眼精疲労・VDT障害

眼瞼下垂症

網膜剥離

飛蚊症

眼瞼痙攣

網膜血管閉塞疾患(網膜静脈分枝閉塞症など)

加齢黄斑変性症

黄斑円孔

 

近視・遠視

遠くがぼやけて見える、あるいは近くのものが見えにくいという近視や遠視。これは目に入る光が異常な屈折を起こし、焦点(ピント)が合った状態で見ることが出来ないことが原因です。強い近視や遠視は、そのままでは仕事や勉強に差しつかえます。特に遠視の場合、小さいお子さんは症状に気がつかないことがあるので、周囲の人は斜視(特に近くの物を見ているときに寄り目になっていないか)などに注意を払う必要があります。テレビやパソコンなど、現代生活は目に負担を強いる環境といえます。照明の明かりや読書するときの姿勢、パソコン作業は適時目を休めるなど、普段から目の健康維持に気を遣うことが大切です。治療方法としては眼鏡やコンタクトレンズの装用が一般的です。

乱視

乱視は水晶体や角膜の歪みによって引き起こされる屈折異常が原因です。遠近にかかわらず、ものがぼやけたりかすんで見える症状があります(典型症状としては、夜間、信号機の光がズレたり重なって見えたりして気づくことか多いです)。無理にピントを合わせようとするために目に負担がかかり、眼精疲労や頭痛、肩こりなどに悩まされがちです。
文字が見えにくいため、集中力が低下することもあり、仕事や勉強にも影響がでることがあります。また、周囲が暗いと見えにくい、電光掲示版の文字が読みづらいといった症状もあり、ひどくなると生活に支障をきたす場合もあります。
乱視はメガネやコンタクトレンズで矯正することが可能です。「ものが見にくい」「だぶって見える」などの症状が気になったら、早めに眼科医に相談しましょう

結膜炎

眼球とまぶたの間を結んでいる薄い膜を「結膜」といいます。この結膜に炎症が起こる結膜炎になると、目やまぶたが充血したり、目がゴロゴロする、目ヤニがでる、まぶたにブツブツがでる、腫れるなどの症状がでます。結膜炎の原因には細菌やウィルスだけでなく、アレルギー物質などさまざまなものがあります。目のかゆみや充血などが気になりましたら、早めにご来院ください。

ウイルス性結膜炎

主に、■流行性角結膜炎(はやり目)、■咽頭結膜炎(プール熱)、■急性出血性結膜炎、の3種類があります。ウィルス性結膜炎の流行シーズンは夏で、特に咽頭結膜炎はプールで感染することも多くあり、発熱や喉の痛みを訴えます。いずれのウィルスも伝染力が強く、ウィルスを効果的に排除できる薬がありません。感染してしまったら、目をこすったりタオルを共用したりせず、人にうつさないよう注意することが大切です。

アレルギー性結膜炎

花粉症やハウスダストによるアレルギーが原因となって引き起こされる結膜炎です。目のかゆみ、充血、腫れ、涙目、目ヤニなどの症状が表れます。
アレルギーは、アレルギー物質を異物と察知した体が、それを排除しようと必要以上に敏感に免疫機能を働かせるために起こります。花粉、ダニ、カビ、ハウスダスト、動物の毛、食べ物など、人によってアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)はさまざまです。治療にはアレルギーを抑える点眼薬や内服薬を使います。

角膜炎

角膜はいわゆる「くろめ」と呼ばれる部分で、眼球の前面中央にある透明な膜です。外からの光を導く入り口で、光を屈折させて網膜に焦点を合わせ、画像を映しだすレンズの役割を担っています。この角膜が濁ったり、変形したりすると視力に多大な影響が出ます。
「角膜炎」とは、この角膜に炎症が起きた状態をさします。原因としてはウィルスや細菌、カビなどによる角膜感染症、外傷、眼科手術、アレルギーによるもの、紫外線・放射線による刺激、異物、自己免疫疾患などがあげられます。目の痛み、充血、異物感、目ヤニなどが認められたら、すぐに眼科医に相談してください。また、コンタクトレンズの不具合や誤った使用によっても起こります。コンタクトレンズは医師の指導のもと、正しく装着、管理するように注意しましょう。

結膜下出血

結膜下出血は、結膜の下の細かい血管が破れて出血したものです。白目の部分が真っ赤に染まるため、みなさん驚かれて来院されます。異物感はあるものの、痛みはありません。眼球内部には血液が入り込まないので、視力には影響しません。ほとんどの場合、出血した血液は1〜2週間で吸収され、もとに戻ります。
原因としては、外傷、くしゃみやせき、飲酒、結膜炎による影響などさまざまです。高血圧や糖尿病、白血病などの影響による場合、再発を繰り返すことが多く、しばしば結膜下だけでなく眼底にも出血があります。早めの受診で原因を特定し、治療することが大切です。

花粉症

春の時期になると、眼科は花粉症の患者さんが非常に多く今や国民的病気と言えます。
花粉症はアレルギー性の結膜炎で目がかゆくなります。基本的には抗アレルギー薬の治療がメインになりますが、外でメガネ・マスクをつけたりすることや睡眠を十分にとること、健康的な食生活を心掛けるなども体質改善になり、非常に有効です。

霰粒腫

目の表面はいつも涙で覆われています。涙が乾燥しないように、涙液の表面は油分でおおわれています。この油分はまぶたの上下にある「マイボーム腺」から分泌され、涙の蒸発を防ぐだけでなく、眼球がスムーズに動くよう潤滑液としての役割も果たしています。
このマイボーム腺の出口がふさがり、分泌がうまくいかずに肉芽腫(しこり)ができるのが霰粒腫です。
霰粒腫には腫れや痛みをともなう炎症性、急性のタイプと、しこりだけができる非炎症性のタイプがあります。細菌に感染するとまぶたが化膿して、痛みを伴います。高齢の方の場合、まぶたのゴロゴロやしこりが悪性腫瘍という場合もあるので、しこりや異物感を感じたらすぐに受診しましょう。

麦粒種(ものもらい)

一般に「ものもらい」「めばちこ」と呼ばれ、まぶたの腫れや痛みを伴う急性化膿性の炎症です。目の充血、まぶたの腫れ、痛み、かゆみ、異物感、目ヤニといった症状があります。まぶたに痛みや異物感があるので目をこすったり掻いたりしてしまいがちですが、触らないように気をつけてください。
治療は抗生剤の点眼薬だけで治ることもありますが、腫れや症状がひどい場合は抗生剤や消炎剤を内服します。場合によっては麻酔薬を点眼し、切開して膿を排出させます。慢性化すると前述の「霰粒腫」に移行することもあります。「たかがものもらい」と侮らず、早めの受診を心がけてください。

糖尿病網膜症

血糖値が高くなり、さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。糖尿病の合併症のうち、もっとも深刻なもののひとつが「糖尿病性網膜症」です。
高血糖の状態が長期間続いたため、網膜の血管が弱くもろくなり、一部にコブができて出血するのが糖尿病性網膜症です。網膜の出血が続き、これを放置しておくと失明につながります。症状が進むまで自覚症状はなかなかありませんが、視力が低下することで気づくことがあります。緑内障に次ぎ、日本の中途失明の原因の2位が糖尿病網膜症です。糖尿病の方は適切な血糖コントロールと定期的な検査が欠かせません。適切な治療により進行は抑えられますので、定期的に眼底検査を受けるようにしましょう。当院では、網膜3次元解析装置(OCT)などの最新機器がありますので、簡単に検査できます。

ドライアイ

ドライアイは、目の乾燥に伴って、痛みや眼精疲労などさまざまな目の不快感を引き起こす病気です。日本のドライアイ患者は約1000万人と言われています。ドライアイになると、涙液が正常に働かなくなるため、目の表面をじゅうぶんに保護することができません。そのため、表面の細胞がはがれて角膜の表面が傷つきやすくなっています。傷つきやすい状態のため、深刻な目の病気を招いてしまうこともあるので注意が必要です。
ドライアイになる原因はさまざまで、長時間のパソコン作業、エアコン、コンタクトレンズ、ストレス、また膠原病やシェーグレン症候群などの病気から症状がでる場合もあります。
目のかすみ、眼精疲労、急に涙がでるなど、ドライアイの症状が疑われる場合は、早めに眼科医に相談されることをおすすめします。長時間の読書やパソコン作業時は、休憩を取り入れながら目への負担を軽減するよう心がけましょう。

白内障

白内障は加齢とともに水晶体(目の中にあるレンズの役割をする組織)が白濁し、視力が低下する病気です。個人差こそあるものの、加齢とともに誰にでも起こる自然な現象です。一般に60歳代になると、多くの方の目に認められる症状です。視界がかすむ、視力の低下、まぶしさなどの自覚症状があります。
白内障の症状を治療する薬はありません。初期の段階では進行を遅らせる目薬を点眼することになります。症状が進行して、日常生活に支障をきたすような場合は、外科手術が必要になります。手術では白く濁った水晶体を取り除いて、人工のレンズを挿入します。現在では多くの患者さんが安心して受けていただける手術です。しかしながら、手術に適したタイミングがあり、これは早すぎても、遅すぎても難しい部分があります。
白内障の症状が気になりはじめたら、定期的な受診を心がけ、医師の適切な指導を受けるようにしましょう。

緑内障

緑内障は高い眼圧などが原因で視神経に影響がでて、視野が欠けたり狭くなったりする病気です。治療せずに放置すると、失明に至ることがあるので注意が必要です。
症状は少しずつゆっくりと進行するため気付かずに、自覚症状がでるころにはかなり進行していることがあります。一度障害を受けた視神経は、元に戻すことはできません。しかし、早めに発見して治療を進めれば、失明への進行を止められる病気です。治療は眼圧を下げるための薬剤を使用し、一定の状態にコントロールすることが基本です。
緑内障は、40歳以上では20人に1人の割合であり、中高年の方に多く見られる病気です。視力や視野に問題を感じなくても、定期的な検診を忘れないようにしましょう。

眼精疲労・VDT障害

長時間の読書、パソコン作業やゲーム、テレビなどは目を酷使させ、目の疲れや痛みなどを招きます。また、目に合っていないメガネやコンタクトレンズの使用、ドライアイ、近視、乱視、老眼など、無理にピントを合わせようとすることで、目には多大な負担がかかります。じゅうぶんな睡眠をとっても、改善されないような頑固な目の疲れや頭痛、吐き気などの症状を「眼精疲労」といいます。眼精疲労のうちでも、パソコンやゲームなどの画面を長時間眺めることで起こるものをVDT(Visual Display Terminal)症候群、テクノストレス眼症眼精と呼び、現代人の眼精疲労の特徴のひとつです。
疲労は習慣や環境を変えない限り、自然に治るものではありません。一定時間が経過したら意識して休憩をとり、目をあたためたりマッサージをするなど、大切な目をいたわるよう心がけましょう。また、作業に適したメガネや環境を整えることも有効です。背後に他の病気が潜んでいる可能性もあるので、ただの目の疲れと侮らず、眼科医に相談することをおすすめします。

眼瞼下垂症

まぶたが下がってものが見えにくくなる症状を眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。症状が進むと偏頭痛や肩こり、眼精疲労などにつながることもあります。眼瞼下垂は大きく分けて先天性と後天性の2種類があります。 先天性眼瞼下垂は、眼球運動障害など眼瞼下垂以外の異常を伴わない単純眼瞼下垂が90%以上を占めています。片眼性が多く、遺伝することもあります。後天性眼瞼下垂は、動眼神経麻痺、重症筋無力症など加齢による眼瞼挙筋の筋力の低下によるものが多く、近年の高齢化社会に伴い、老人性眼瞼下垂の頻度が急増しています。いわゆる「年をとって眼が細くなる、開きにくくなる」というもののひとつです。

詳しくは、ひとみ眼科の眼瞼下垂症特設ページ

又は、ひとみ眼科眼瞼下垂症手術担当の高田医師のブログまで。

網膜剥離

網膜剥離は、加齢や外傷などにより眼球の内側にある網膜がはがれて、どんどん視力が低下してく病気です。目の中に入ってきた光は角膜と水晶体でピントを調節し、網膜に像として写ります。この像が視神経を通して脳に伝達され、「見える」という認識に至ります。40歳を過ぎると、加齢とともに眼球の組織が変化して硝子体が縮み、その際に網膜の一部が引きずられ、網膜に裂け目ができることがあります。これが網膜剥離です。加齢以外にも糖尿病網膜症などの病気や、事故やボクシングなど頭部や目に強い衝撃を受けることで起きることもあります。放置すると次第に視力が低下し、失明につながりかねないため、迅速かつ適切な治療が大切です。

飛蚊症

視界にゴミや糸くず、虫のようなものがちらつき、目を閉じたりこすったりしても消えない———こんな目の症状を「飛蚊症」といいます。明るい空や白い壁を見ると、糸くず状のものが視界にちらつくため、うっとうしく気になる症状です。加齢により症状がでる場合もありますが、20代でも自覚症状がある人もいます。
飛蚊症の原因はいくつかあり、■眼球内の硝子体にできた濁りが網膜に写ったもの、■加齢のためにはがれた硝子体が黒い点のように見えるもの、■網膜剥離、網膜穿孔によるもの、などがあります。濁りや加齢が原因の場合は生理的飛蚊症といい、特に心配はいりません。ただし、黒い点が急に増えたり、急激な視力の低下、視野が欠けるなどの症状が出た場合は網膜剥離などの病気の疑いがありますので、早めの受診が必要です。当院では、網膜3次元解析装置(OCT)などの最新機器がありますので、簡単に検査できます。

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)は、自分の意思とは関係なく、目を閉じる筋肉である眼輪筋が収縮してしまう病気です。勝手に目を閉じてしまう病気ですが、同じように目が開きづらくなる眼瞼下垂症との違いは、光がやたらと眩しく感じることや、目を開いているよりも閉じている方が楽に感じる点です。更年期の女性に多いのも特徴です。ボトックスという注射で症状を緩和させることができます。また、一部の睡眠薬や精神安定剤の服用をきっかけに発病することがあります。また、似た疾患として、片惻性顔面痙攣という疾患もあり、これも、顔の表情筋が片惻性に収縮し、しかめっ面になってしまいます。この疾患は、眼瞼痙攣よりもボトックスがよく効くという特徴があります。

網膜血管閉塞疾患(網膜静脈分枝閉塞症など)

網膜の血管の血流が途絶えてしまうことで生じる病気です。動脈硬化が進むことで網膜の静脈が詰まる病気(網膜静脈閉塞症)や、網膜の動脈が詰まる病気(網膜動脈閉塞症)があります。それぞれの病気において、障害が大きく生じるタイプ(網膜中心静脈閉塞症、網膜中心動脈閉塞症)、前者に比べて障害が小さく生じるタイプ(網膜静脈分枝閉塞症、網膜動脈分枝閉塞症)があります。それらが原因となり、黄斑浮腫や、新生血管による硝子体出血が起こります。場合によっては失明の危険もあります。
■自覚症状:突然の視力低下や視野異常、歪みが多いです。
■治療方法:病気の程度により、眼内注射(抗VEGF薬の硝子体注射)やレーザー治療、手術を行います。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性は、加齢や光障害、喫煙や食事、遺伝要因などにより網膜の中心部の黄斑(物を見るのに一番大切な部分)が障害されて、見え方が悪くなる病気です。日本を含む先進国の失明原因上位となっており、50歳以上の人口の約1.3%がり患しているといわれており、年々増加する傾向にあります。
欧米に多い萎縮型というタイプと、アジアに多い滲出型というタイプがあります。
■自覚症状:視力低下 歪み が多いです
■治療方法:眼内注射(抗VEGF薬の硝子体注射)や特殊レーザー(PDT)、状況によっては手術
■予防方法:禁煙 サプリメント(ルテイン含有)内服

黄斑円孔

黄斑円孔とは、ものを見るために一番大事な網膜の中心部(黄斑部)に穴があいてしまう病気です。
目の中のゼリー状の成分(硝子体)が網膜を牽引することが原因と言われています。
■自覚症状:視力低下 視野異常 歪み
■治療方法:手術