麦粒腫について

麦粒腫とは、瞼に出来る炎症性の腫瘤です。
基本的には、細菌感染により引き起こされることが多く、そのままにしておくと、霰粒腫になってしまいます。

面白いことに、麦粒腫は地域の方言によって、呼び名が色々とあります。
『ものもらい』『めぼう』『めばちこ』・・・様々です。

治療としては、点眼治療と外科的処置があります。
特に、霰粒腫に変化したものは、薬物治療が効きづらく、外科的に処置した方が早く治ります。

関連記事

  1. 弱視

  2. 結膜下出血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。