結膜下出血

『先生、目が赤いんです。』と、よく相談される疾患です。
実際には、白目の表面にある血管が切れてしまうことで、内出血をしてしまった状態です。痛みを伴うこともあります。
原因としては、加齢等による動脈硬化、外傷などによる物理的な血管の障害、循環器疾患(高血圧、高脂血症)によるものなどが考えられます。
ドライアイなどによる眼表面の摩擦抵抗が増えている状況も要因となります。

治療としては、消炎のための点眼、ドライアイなどが原因の場合には、ヒアルロン酸の点眼を行ったりいたします。概ね、10日間程度で治る疾患となります。

関連記事

  1. 霰粒腫と麦粒腫(ものもらい)について

  2. 弱視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。