学校検診について

学校検診記事のサムネイル画像

学校検診の視力検査の意味合いは、生徒さんに安定した視力で授業を受けていただくための確認の意味合いが多く含まれます。
近視が進んだ状態で、矯正せずに授業を受けることは、勉学の遅れに繋がり、将来の進路決定等の影響は計り知れないものがあります。

例年なら学校検診の時期となるのですが、新型コロナウィルスの影響で、新学期の開始が延期され、結果として、学校検診が遅れております。

ひとみ眼科は、普段、愛西市の三つの小学校と一つの中学校の学校医として愛西地区の医師会から任命され対応させて頂いております。もちろん愛西市以外の学校に通われているお子様でも検診で指摘されるようなことがりましたら御対応致します。

学校検診でお子様に再検査や精密検査を指摘されるようなことがありましたら、是非、受診ください。お子様の正確な視力測定には、時間が掛かりますので、受診の際は、お電話にてご予約をお取り頂くことをお勧め致します。

ひとみ眼科には、2名の視能訓練士が所属しております。

視能訓練士とは、様々な視機能の検査や小児の弱視や斜視の視能矯正をおこなう国家資格を持つ専門技術職のことです。
視機能のスペシャリストとして、乳幼児からご高齢の方まで世代を超えて皆さまの大切な目の健康を守るお手伝いをしてくれております。

ひとみ眼科としては、視能訓練士の助けを借りた上で、正確な測定と眼科的な治療対応をさせて頂きたいと思います。

学校検診でひっかかった場合には、ひとみ眼科を受診してくだされば安心です。

関連記事

  1. 新型コロナウィルスへの ひとみ眼科 の取り組みについて

  2. サプリメント いいめ について

  3. ひとみ眼科で白内障手術を受けられる方へ

  4. 令和2年4月開院いたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。